ここまでの深掘りはないでしょ!腎臓と麻酔集中治療

このセミナーには資料があります

開催日時

<第1回>

2024年5月31日 (金)

20:30-22:30

受付中

<第2回>

2024年6月28日 (金)

20:30-22:30

受付中

<第3回>

2024年7月26日 (金)

20:30-22:30

受付中

<第4回>

2024年8月23日 (金)

20:30-22:30

受付中

セミナーに申し込む

日程

<第1回>

2024年5月31日 (金)

20:30-22:30

<第2回>

2024年6月28日 (金)

20:30-22:30

<第3回>

2024年7月26日 (金)

20:30-22:30

<第4回>

2024年8月23日 (金)

20:30-22:30

申込期間
 2024年5月10日 (金) ~ 2024年5月27日 (月) 受付中
※複数講座の場合、最初の申込期限まではまとめてお申込できます。
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
受講料
<一括>25,000円(税込)
受講対象
獣医師
定員

200名

講師紹介
石塚 友人

【専門医と開業の道を選択】
VES合同会社 代表
アネス動物病院 札幌円山動物麻酔センター 代表
獣医麻酔集中治療専従医

参加特典

「見逃し配信」視聴可能(2週間見放題)!!

※開催日から約1週間後、配信開始日になりましたら、マイページよりご視聴ください。

視聴期間中は何度でもご覧いただけます。

申込方法

以下の<申し込む>よりお申込みください。

セミナーに申し込む

メールアドレスの
ご登録について
閉じる詳しく見る

お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。
恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスのご登録をお願いいたします。

<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>

docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。

@peppy.jp

<PCメールアドレスをご利用の方>

お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

キャンセルについて閉じる詳しく見る

ご入金後のキャンセル・返金はいたしかねますのでご了承ください。

ペピイ セミナー事務局

0120-922-315

受付時間 9:00〜17:00(平日)

セミナー内容

リスクを回避するためスペシャリストから最新治療法を学ぶ

獣医師として腎臓病の診断や治療に直面するとき、最新の知識と技術が必要ですが、常に更新される情報に追いつくのは大変ではありませんか?特に麻酔を伴う複雑なケースでは、間違ったアプローチが患者の命を危険にさらすリスクも伴います。そこで今回、獣医麻酔集中治療の最前線で活躍する石塚友人先生を招いて、腎臓疾患と麻酔管理に焦点を当て、最新の治療法と実践的なスキルを皆さんにお届けします!


腎臓疾患治療と麻酔技術の進化を目指す超・深掘りセミナー

セミナーは4部構成で腎臓の生理学から始まり、薬物治療、麻酔技術、術後管理まで「ここまで掘るの!?」と言われるくらい深掘りします。石塚先生の豊富な経験をもとに、腎臓疾患の診断精度を向上させ、麻酔リスクを最小限に抑える手法を身につけていただく内容です。このセミナーは、腎臓疾患治療や麻酔技術に関してさらに知識を深めたいと考えている方や、臨床で直面する複雑なケースに自信を持って取り組みたい方には最適!定員は限られていますので、この機会をお見逃しなく。あなたの獣医師としてのキャリアを次のレベルへと導く一歩を踏み出しましょう。

カリキュラム

<第1回>慢性腎臓病と急性腎障害の病態と生理学的な基礎知識を構築する

急性腎障害へのアプローチを学ぶにあたり、GFRの構成因子や尿細管の役割と輸入再動脈および輸出細静脈と自動調節能について基礎から学びます。 敗血症性AKIの病態生理 慢性腎臓病と炎症 腎臓とグリコカリックス について基礎の基礎から解説します。


<第2回>腎障害に対する薬物治療〜輸液製剤、血管作動薬、利尿薬の使い方〜

輸液治療が有効なシチュエーションとは? 使用する血管作動薬はドパミン、ノルアドレナリン、バソプレシンどれが良いのか? 利尿剤を使用するタイミングと使用するのはフロセミド? hANP?それとも・・・? 輸液だけで戦える症例、血管作動薬が必要な場合、利尿剤が有効な場合など、それぞれのパターン別治療方法を解説します。 特にマクロ循環とミクロ循環についてもこれでもか!というくらい詳細に解説します。


<第3回>腎障害動物の麻酔管理最適化戦略

使用する薬剤の選択方法を実際に3症例取り上げ、NSAIDsやACEIを使用するときのGFRの変化やMMVD stage2や3での心臓と腎臓を両方守るための輸液麻酔戦略をお示しします。腎保護とは何か?を突き詰めて行き着いた腎保護の境地。 手術中の輸液管理から疼痛管理、麻酔薬の使い方含めた腎障害を合併する動物への全身麻酔管理の総まとめを解説します。


<第4回>術後管理と腎臓を深掘り 

周術期全体で腎臓を救え! 悩ましい麻酔管理を終え、ようやく術後に移行するも、浮腫や尿量の減少、一般状態の低下、目まぐるしか変化する生体機能に対して、どうアプローチしていくかを解説します。 「浮腫」「 ナトリウム」「 リンパ管循環 」「Gut-Lung Axis」など浮腫の最前線をお見せします。

ライブ配信

Webミーティングアプリ「ZOOM(ズーム)」にてセミナーをライブ配信します。

お持ちのPC、スマートフォン、タブレットに「ZOOM」アプリをインストールしていただき、

ご自宅、勤務先のWeb環境にてご視聴いただきます。

※ライブ配信当日は、マイページよりご受講ください。


見逃し配信

ライブ配信日から約1週間後に視聴開始となります。

期間内(2週間)は何度でもご視聴いただくことが可能です。

※配信開始日になりましたら、マイページよりご視聴ください。


配布資料

本セミナーは、配布資料をダウンロードしていただく必要があります。

※マイページのダウンロードボタンよりお願いいたします。

loading...