スペシャリストが考える『循環器疾患』の診断・治療戦略~循環器内科医と麻酔・集中治療医のジョイントセミナー~(全3回)

開催日時
2020年9月29日(火)~
2020年11月24日(火)
開催時間
20:30~22:30
会場
Web
ステータス
受付中

申し込む

日程

以下の3講座をライブ配信いたします。

<講座1> 2020年9月29日(火)

<講座2> 2020年10月27日(火)

<講座3> 2020年11月24日(火)

※参加特典として「見逃し配信」が付いています。

時間
20:30~22:30
申込期限

<講座1> 受付終了

<講座2> 2020年10月15日(木)

<講座3> 2020年11月12日(木)

※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。

講師

中村 健介(なかむら けんすけ)先生:講座1、講座2

北海道大学大学院獣医学研究院 准教授

石塚 友人(いしづか ともひと)先生:講座3

VES合同会社 代表/獣医麻酔集中治療専門医

受講料
<各講座>4,500円(税込)
受講対象

獣医師

定員
200名
参加特典

(1)配布資料を印刷して事前にお届け!
ペピイはカラー印刷した資料を事前にお届けします!当日、聴講しながら大事な部分を書き込んでいただくことが可能です。

(2)「見逃し配信」視聴可能(2週間見放題)!!

※尚、見逃し配信開始までは、講座終了後10日前後お時間をいただきます。

※動画配信プラットフォーム「Vimeo(ビメオ)」を利用して配信します。
講座の配信開始日に動画URLとパスワードをメールにて送信いたします。
視聴期間中は何度でもご覧いただけます。

申込方法

以下の申し込みフォームよりお申込みください。

お申込み後、申込内容と受講料のお振込口座をメールにてご返信いたします。

弊社からの返信がない場合は、恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

※受講料のお振込みは、お申込み後『1週間以内』にお願いいたします。期間内にご入金が確認できない場合は、自動的にキャンセルとさせていただきますのでご留意ください。

※申込締切日間近にお申込みいただいた場合、受講料は、申込期限までにお振込みください。

※自動キャンセル後に再申込される場合、申込フォームへの再入力は不要です。

お電話にて再受付致しますので、下記電話番号へご連絡下さい。

ペピイセミナー事務局 (06)6971-1171(平日 10時〜17時)

申し込む

メールアドレスのご登録について

お申込み後、受講料のお支払先や当日案内のご連絡、緊急のご連絡(セミナー中止等)をメールにて行います。恐れ入りますが、弊社からのメールを必ず受信していただけるよう、下記ご留意事項をお確かめの上、メールアドレスのご登録をお願いいたします。

<携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>

docomo、au、softbankなど、各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。

以下のアドレスを受信できるように設定をお願いいたします。

@peppy.jp

<PCメールアドレスをご利用の方>

お使いのメールサービス、メールソフト、ウイルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。(特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくか、お使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

キャンセルについて

ご入金後のキャンセル・返金はいたしかねますのでご了承ください。

ペピイ セミナー事務局

TEL. 06-6971-1171

受付時間 平日 10時〜17時

カリキュラム

●講師:中村健介(北海道大学大学院獣医学研究院 准教授)

<講座1>犬の僧帽弁疾患の治療戦略を考える
1)心拡大の治療戦略
2)心不全の治療戦略
3)咳の治療戦略
4)肺高血圧の治療戦略

<講座2>猫の心筋症の治療戦略を考える
1)心拡大の治療戦略
2)心不全の治療戦略
3)動的狭窄の治療戦略
4)血栓の治療戦略

犬の僧帽弁疾患、猫の心筋症、言わずもがな本邦の小動物における二大心疾患ですが、このほど両者に関するアメリカ獣医内科学会のコンセンサスステートメントが発表されました。これにより我々が取るべき標準治療戦略が公に示されたことになります。この意味するところは非常に大きいです。これに外れた事をするからにはそれ相応の理由が必要となります。従って、全ての獣医師は最低限、この標準治療法を身につける必要があります。その上で、症例個々に対する個別治療を施すことが腕の見せ所となるわけですが、基礎ができていないと何の説得力もありません。まずは基礎を固めましょう!


●講師:石塚友人(VES合同会社 代表/獣医麻酔集中治療専門医)

<講座3>麻酔集中治療医が循環器内科医に聞きたいこと集約してみました!
1)ドブタミンは必須ですか?
2)ドパミンはダメですか?
3)ドブタミン、ミルリノン、ピモベンダン結局どれが良いですか?
4)ノルアドレナリンは大丈夫ですか?
5)輸液入れないといけないシチュエーションはあるのですか?
6)腎臓保護戦略にhANPって本当に有効なのですか?

などなど、セミナーでは麻酔集中治療医が考えている理論を循環器内科医のスペシャリストに採点していただき、ブラッシュアップできればと思っています。もしこんなこと質問してほしい!こんなこと解説してほしいなどあれば、事前にご連絡ください。講座3では石塚担当8割で残り2割を中村先生と対談しながらできればと考えています!

Webミーティングアプリ「ZOOM(ズーム)」にてセミナーをライブ配信します。
お持ちのPC、スマートフォン、タブレットに「ZOOM」アプリをインストールしていただき、ご自宅、勤務先のWeb環境にてご視聴いただきます。
※詳しい受講方法は、お申込完了後、開催日の1週間程前にメールにてお知らせいたします。

申し込む