• 事業案内
  • イベント・セミナー
  • 過去のイベント・セミナー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
ペット用品通販 peppy
大阪ペピイ動物看護専門学校

イベント・セミナー


関わる人・動物全てに安心を与える動物看護師を増やしたい!
2016年度ぺピイ動物看護師向けセミナー 案内開始です!

動物病院で働くうえで、飼い主様と動物達はもちろん、獣医師や他のスタッフにも安心を与えることが、動物看護師の皆さんの大切な役割のひとつです。ぺピイは、今年度もセミナーを通じて、動物看護師の皆さんに、安心感のある診察補助、待合室での適切なアドバイス等を可能にする専門的な知識、技術を習得していただきます。セミナーテーマは、動物看護師の皆さんへのヒアリング、アンケートをもとに新しいものを多数企画しています。是非ぺピイセミナーに参加して新しい知識、技術を身につけてください!

東京

大阪

講師紹介

「〜子犬の社会化からドッグスポーツそして問題行動まで、
適切なフードの使い方を学ぶ〜 餌付けの美学 in 大阪」

 
内容

動物病院スタッフ、ドッグトレーナーの皆さん
フードを適切に使えていますか?

フードは犬にとって、生きて行くために欠かすことの出来ない必須資源です。おやつ、食事、強化子、様々な用途で私たちはフードを通して犬たちと接する機会を多く持っていますが、適切に、かつ、上手く使いこなしているでしょうか?フードを上手く使いこなすことで、人と犬のコミュニケーションの可能性は無限に広がります。しかし、フードの使い方を間違えると、問題行動の発生にもなりかねません。
 
様々な場面におけるフードの適切な使い方を、
多くの実践例とともにご紹介!

いままでどうして上手くいかなかったのか?いつ、どこで、どのようなフードを、どうすれば良いのか?本セミナーでは、フードの適切な用い方を通して、犬の行動の観察、分析、上手な応用を実例に沿って分かり易くご説明致します。動物病院スタッフ様には、しつけ相談やパピー教室で初めてフードを用いる飼い主様へのアドバイスに大いに役立てていただけます。飼い主様へ安心を与えるために、「フードの使い方」という新しい視点でトーレーニング法、アドバイス法を学びませんか?ぜひお申込みください!

講師:山本 央子

<カリキュラム>
●人と犬にとってのフードの役目
●なぜトレーニングでフードを使うのか?
●フードの種類、触感、量、与え方、与える場所、フードを使ったコミュニケーション
●フードを使うことによる上手く行かない問題の数々と原因は?
●フードによる過剰な誘導を止めて、犬の学習能力を学びましょう!
●環境と行動のエンリッチメント?良質な運動と睡眠、
 そして健全な食欲の確保は飼い主の責任
●「おやつをトレーニングに使ったら、おやつが無いと何もできなくなる!」のは何故か?
デモ:行動の自発性を上手に促し、学習意欲を向上させる
 トレーニング
(デモ犬が入ります)

☆第3回日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)カンファレンス(2008年)にて講演の「餌付けの美学〜行動の原理と実践〜」と一部内容は同じですが、続編としてご受講いただけます。
 
☆本セミナーでは、トレーニング、しつけに関わるフードの適切な用い方をご紹介します。
ダイエットや栄養学の内容ではないことをご了承下さい。

日程 2016年7月3日(日)
時間 10:00〜17:00
申込締切 2016年6月23日(木)
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 NKスクエア玉造3Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-11)最寄駅からの案内図
受講料 10,000円(税込)
※日本動物看護職協会会員、過去のペピイセミナー受講者の方は、上記のセミナー受講料を10%OFFさせていただきます。
定員 60名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

「動物看護師に知っておいてほしい
“飼い主さんの心に寄り添う” 犬と猫の老齢介護 in 東京」
講座2(7月24日開催)は、定員に達しましたので、キャンセル待ちでの受付となります。

 
内容

良い老齢介護を行うためには
飼い主さんの理解と納得が重要です!

 家庭動物の老齢介護に悩む飼い主さんが増えています。良い老齢介護が行われるためには、介護を直接行う飼い主さん自身が無理なく実施できる介護方法を、納得のうえ選んでもらうことが大切です。そのためには、最も身近にいる動物看護師の皆さんが、飼い主さんの状況に合った最良の方法を複数提示できる必要があります。

「飼い主さんの心のケア」に重点を置いた
老齢介護サポート力が身につく!

本セミナーでは、講師に著書「犬と猫の老齢介護エキスパートブック」(インターズー社)でおなじみの若山正之先生(若山動物病院院長)をお迎えし、多くのサポート実績をもとにした「飼い主さんの心に寄り添った老齢介護」についてご指導いただきます。
飼い主さんの家庭環境に合い、飼い主さんが良い意味でラクをしながら、老犬、老猫も一緒に少しでも快適に暮らせる方法を提案できるようになりませんか?ぜひご参加ください!

講師:若山 正之(若山動物病院 院長)

<カリキュラム> 
3/20(日)『講座1.犬の病気』
●老化を知ろう
  老化って何?/老化のサイン/老化による体内変化
●老化の受け止め方
  ありがちな勘違い/飼い主さんが抱く不安/
  動物病院側の注意事項 他
●老齢管理とは?
  犬も猫も長生きできる/老化のサインの早期発見/
  飼い主さんのやる気を促そう/動物看護師の働き
●老化についての誤りを正そう
  食事/運動/生活
●老犬で問題となる病気と家での対処法
  関節の病気/歯の病気/心臓の病気/褥瘡/
  内分泌/腫瘍/生殖器/眼/腎臓

7/24(日)『講座2.犬の介護』
●散歩のとき(歩行状態や季節に応じての対処)
●食事のとき(食欲が低下した場合/寝たきりの場合)
●排泄のとき(排泄管理/便秘への対応/宿便管理)
●入浴のとき(皮膚のトラブル/
  入浴やシャンプーの必要性と方法)
●認知症のとき
●飼い主さんへの接し方
  (老齢介護の指導において大切な事/訪問診療 他)
●看とり
●「お達者くらぶ」のすすめ

10/2(日)『講座3.猫の病気と介護』
●老猫生活のおくりかた
  老猫の手入れ/異変の気づき方/老猫の病気予防/
  認知症/快適な老猫の生活のために
●老猫で問題となる病気
  関節の病気/歯の病気/心臓の病気/
  内分泌の病気/腫瘍/消火器の病気/泌尿器の病気
●猫の介護

日程 講座1.2016年3月20日(日)
講座2.2016年7月24日(日)
講座3.2015年10月2日(日)
講座2(7月24日開催)は、定員に達しましたので、キャンセル待ちでの受付となります。
時間 14:00〜18:00
申込締切 セミナー開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 中央動物専門学校 19号館1階1915教室
(東京都北区東田端1-4-4)※最寄駅からの案内図
受講料 10,000円(1日のみ参加)
19,000円(2日間参加)
27,000円(3日間すべて参加)
※日本動物看護職協会会員、過去のペピイセミナー受講者の方は、上記のセミナー受講料を10%OFFさせていただきます。
定員 50名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

PEPPY動物病院応援セミナー
「〜わかりやすく教える技術を身につける〜
先輩スタッフ様のための後輩指導セミナーin東京」

 
内容

自信を持って指導していただくための
「わかりやすく教える技術」を伝授します!

  ご自身の指導方法・スキルに悩む先輩スタッフ様が多くいらっしゃいます。本セミナーの目的は、多くのグループワークを通して体感しながら、自分自身も後輩スタッフの皆さんと一緒に成長できる「シンプルにわかりやすく教える技術」を身につけ、自信を持って指導できるようになることです。「自ら考え行動できるスタッフ育成法」も伝授します。
受講生には、学んだ知識を現場に持ち帰り即実践できるようご指導し、受講後のサポート体制(メール質問サービス)も万全です!
昨年の受講生から97.9%の高い満足度をいただいた本セミナーに参加して、「後輩への指導」におけるストレスを軽減し、チームワークと仕事の効率をアップしませんか?是非お申込みください!

<受講対象>
◆「教え方がわからない!」「上手に指導できない!」
  お悩みを解消したい方
◆今年入社した新人スタッフさん育成ための
  指導方法を学びたい方
◆今年から新たに看護師長や指導する立場となり、
  教える技術を向上させたい方

講師:牧田 明美

<セミナー内容>
T.教えるための心得を学ぶ
●後輩スタッフの心理状態や知り信頼関係を構築する方法
●後輩が考えていること、思っていることを上手に聞く方法
●どんな時に褒めるのか?「褒め方のコツ」
●後輩を成長させる「叱り方のルール」
●マニュアルの有効的な活用方法

U.教えるべきことを見直す
●信頼されるリーダーになる!「自分のゴール」を決める
●行動基準を決める!「病院が大切にしているもの」とは?
●教える事を具体化する!「行動チェックリスト」の作成
●「行動チェックリスト」の活用方法
●繁忙期に備えて後輩用マニュアルを作成する

V.わかりやすく伝える方法を学ぶ
●ロールプレイングから現場デビューまでの流れ
●相手にわかりやすく指示する・伝える技術
●「報・連・相」を聴くための技術
●後輩へ伝えた後に毎回確認すべき3つのこと
●発言しやすい院内ミーティングの進行方法

⇒ 昨年の東京セミナー参加者の声

日程 2016年7月23日(土)
時間 10:00〜17:00
申込締切 2016年7月13日(水)
  ※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 中央動物専門学校 19号館
(東京都北区東田端1-4-4)※最寄駅からの案内図
受講料 15,000円(税込)
※日本動物看護職協会会員、過去のペピイセミナー受講生は受講料10%割引
定員 30名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

「動物看護師が知っておきたい犬と猫の食事in大阪」

 
内容

食事の相談に対し、飼い主さんに安心を与える“対応力”を身につける!
動物看護師の皆さんにとって、ペットの食事の知識は重要です。入院動物の食事に関わることが多いだけでなく、「先生には聞きづらいけど、看護師さんなら聞きやすい」という飼い主さんからの質問も受けるからです。とは言え、難しい栄養学の話も出てきそうだし、食事の勉強は大変だと感じるかもしれません。小難しくて役に立たない勉強は私も好きではありません。セミナーでは、分かりやすさを重視し、皆さんの仕事にすぐ役立つ内容に焦点を当ててお話します。
  「老犬、老猫になったら何をあげれば良いでしょうか?」
  「手作りごはんってどうやって作ればいいんですか?」
  「なかなかごはんを食べない場合は、どうすべきでしょうか?」
  「〇〇を食べさせちゃダメって本当ですか?」
  「××病の時はどんな食事内容が良いんですか?」
などと飼い主さんに聞かれたとき、マニュアルの押し付けでなく、相手の気持ちを正しく汲みとった上で、優しく分かりやすく対応出来る動物看護師を目指してもらいます。真面目な目標にしましたが、私はお固い雰囲気が苦手なので、みんなでワイワイ楽しく話し合いながら学んでもらうつもりです。ご興味がありましたら、どうぞお越し下さい!
 
講師:伊藤 大輔

<カリキュラム>
●飼い主さんに喜ばれる食事相談とは?
●ペットフードの考え方
●特別療法食の考え方
●手作りごはんの考え方
●食べてはいけないものの考え方
●栄養学の基礎
●消化・吸収・代謝の基礎 
●ライフステージ別の食事
●色々な病気の食事(肥満、消化器病、アレルギー、  尿石症、腎臓病、心臓病、肝臓病、腫瘍など)
※グループディスカッションを交えて、実際の飼い主さんを想定して、考えながら   学んでいただきます。知識を得るだけでなく、それを実際に活用するためスキルを身につけていただくためのカリキュラムです。グループディスカッションは、他院のスタッフ様との情報交換もできるため大変好評です。

持ち物 筆記用具、昼食(1時間お昼休憩がございます)
日程 2016年8月7日(日)
時間 10:00〜16:00
申込締切 2016年7月28日(木)
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 NKスクエア玉造3Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-11)最寄駅からの案内図
受講料 12,000円(税込)
※日本動物看護職協会会員、過去のペピイセミナー受講者の方は、上記のセミナー受講料を10%OFFさせていただきます。
定員 60名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

「ぺピイナイトセミナー2015-2016
<エマージェンシーと周術期看護>」

 
内容 多くの方に必ずマスターしていただきたいテーマを再講義!

昨年、ネオベッツVRセンター様にご協力いただき、多くの認定動物看護師の皆様にご参加いただきましたぺピイナイトセミナーを今年も開催いたします。今年は、昨年実施した講座の中から、多くの方に必ずマスターしていただきたい「エマージェンシー」と「周術期看護」をピックアップし再講義いたします。
全4回の講座を受講いただくことで、緊急時や重症患者に対し、的確な看護を実践するための「現場応用力」を身につけていただけます。画像、動画を多く使った分かりやすい講義でスキルアップし、もっと自信持って働けるようになりませんか?多くの皆様からのご参加をお待ちしております!

講師:ネオベッツVRセンター獣医師

<カリキュラム>

講座1.『エマージェンシー(1)』
■日程:20116年7月14日(木) (セミナーNo.0714)
■講師:田戸 雅樹
■内容:
・オーナー対応(受付・電話)の注意点
・バイタルサイン
・ショック
・心肺停止と心肺蘇生(胸壁圧迫/気道確保/換気)
講座2.『エマージェンシー(2)』
■日程:2016年8月4日(木) (セミナーNo.0804)
■講師:田戸 雅樹
■内容:
・心肺蘇生の実際(ガイドライン/モニタリング)
・緊急薬(使うべき薬と処置/投与経路)
・電気的除細動
・蘇生後の管理(脳と心臓の保護/患者の適正化)
・よくある緊急疾患
講座3.『麻酔を知り、生体モニターを使いこなす』
■日程:2016年9月1日(木)(セミナーNo.0901)
■講師:澤木 和貴
■内容:
・麻酔が必要な理由
・安定した麻酔に必要な要素とは?
・実例!導入時“デキる”動物看護師の動き
・体温低下対策(低体温のデメリット/加温方法)
・実践的解説!「低血圧」時の生体モニター管理
講座4.『実例から学ぶ周術期管理』
■日程:2016年10月6日(木)(セミナーNo.1006)
■講師:澤木 和貴
■内容:
・周術期看護で重要な2つのこと
・獣医師・飼い主様との情報共有はナゼ必要?
・痛みが生体に及ぼす影響/痛みの管理
・周術期の適切な栄養療法
・実際の症例で学ぶ!周術期看護の重要ポイント
受講対象 認定動物看護師
※お申込みの際に、「RVN」から始まる認定番号が必要になります。
☆全4回の講座を全て受講いただいた方には、受講修了証を発行します。
講座ごとの受講も可能です。
日程 講座1: 2016年7月14日(木)
講座2: 2016年8月4日(木)
講座3: 2016年9月1日(木)
講座4: 2016年10月6日(木)
時間 20:00〜22:00
申込締切 各講座開催日の10日前まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 大阪ぺピイ動物看護専門学校2Fセミナーホール
(大阪市東成区中道3-8-15)最寄駅からの案内図
受講料

1講座 3,000円
☆全4回一括申込割引:10,800円

定員 80名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

PEPPY動物病院応援セミナー
「〜2ヵ月で自ら考え行動できる人材に成長する〜
新人スタッフ教育セミナーin東京」

 
内容

優先順位のつけ方」等、頭の中を整理して
行動するスキルと習慣が身につく!

 ペピイでは、今年も、自分で考えて前向きに行動する解決志向「ソリューションフォーカス」という手法を導入した新人スタッフ様向けの教育セミナーを開催します。本セミナーでは、多くのグループワークを通じて実際に体感しながら、社会人・組織人としての心構えを学び、「仕事の優先順位のつけ方」「目標の立て方・達成の仕方」等、自ら考え行動するために必要なスキルを身につけていただきます 。

通信教育」を組み合わせた育成サポート!
先輩向け指導用ツールもご提供!

  昨年セミナーに参加いただき課題に取り組まれた病院様の約87.8%より、「新人スタッフの成長を感じる」とご回答をいただきました。セミナーを受講して終わり!ではないサポート体制と継続的な教育をご提供する本セミナーに、ぜひご参加ください!

<受講対象>
「もっと仕事ができるようになりたい!」
「動物看護師としてレベルアップしたい!」
とお考えの勤務歴1年目、2年目の動物病院スタッフの方

講師:牧田 明美

<セミナー内容>
動物看護師に必要なマインド
●新人スタッフが病院から求められる
 社会人としての行動と心構えを学ぶ
●飼い主様との会話(話しかけ方・話題選び)の
 仕方を知る
●獣医師・先輩看護師とのコミュニケーションのコツ 他

組織人としての行動基準
●動物病院が求めている組織人としての期待やニーズを
 理解する
●自分の仕事の目的を明確にする
●マニュアルの重要性・活用方法を学ぶ 他

目標設定・未来デザイン
●自ら成長して力を付けていく為の目標設定演習
●「先輩から学ぼう!」目標を実現するための方法
●“次に取るべき行動”を明確に見つけ出す方法
●来年、自分たちが「先輩」になることについてnew

《4つのステップで進める!セミナー後の「通信教育」》
  受講生は先輩スタッフ様とペアになり以下のレポート課題に2回チャレンジしていただきます。先輩スタッフ様には、後輩スタッフ様へのアドバイスに役立つ「指導用マニュアル」をプレゼントします。

ステップ1 : 行動目標を設定する。
ステップ2 : 3週間目標に取り組む。
ステップ3 : 3週間を振り返り、レポートに「目標達成のために取った行動」「結果・評価」「今後の課題」等を記入。先輩スタッフ様と院長先生からコメントをもらった後提出。
ステップ4 : 講師のアドバイスコメントを確認し、<ステップ1>へ進む。

《通信教育のメリット》

自分の行動を振り返り、課題を見つけ、改善するという
   “一生の財産”となる良い習慣が身につく。
目標を設定し達成する」という成功体験が得られ
  次の一歩を踏み出すための自信が生まれる。
先輩スタッフ様にも、後輩スタッフ様との
  接し方や指導のスキルを身につける
良い機会となる。

⇒ 昨年の東京セミナー参加者の声

日程 2015年8月27日(土)
時間 10:00〜17:00
申込締切 2015年8月17日(水)まで
※定員になり次第受付は終了とさせていただきます。
会場 中央動物専門学校 19号館
(東京都北区東田端1-4-4)最寄駅からの案内図
受講料 15,000円(税込)
※日本動物看護職協会会員、過去のペピイセミナー受講生は受講料10%割引
定員 25名
申込 以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

大阪ペピイ動物看護専門学校
「平成28年度 動物看護師継続教育プログラム」

日程/内容

(1)動物看護師のための説明力養成入門講座
  ■日時:2016年7月31日(日)14:00〜18:00
  ■講師:牧田 明美
   (大阪ぺピイ動物看護専門学校 講師/ペットウェルネス・明賢corp)

詳細は大阪ペピイ動物看護専門学校のHPでご覧下さい。
※このセミナーは(株)ペピイが運営業務を代行しています。

申込期限 開催日の10日前までにお申込下さい。
ただし、それまでに定員に達した場合はその時点で締切とさせて頂きます。
会場 (1)(2)⇒動物看護専門学校 第1校舎 2F 検査実習室
       (大阪市東成区中道3-8-15)最寄駅からの案内図
(3)  ⇒NKスクエア玉造3Fセミナーホール
      (大阪市東成区中道3-8-11)最寄駅からの案内図
受講料 (1)(2)⇒ 一般 ¥4,000
       大阪ペピイ動物看護専門学校卒業生 ¥3,000
(3)  ⇒ 一般 ¥5,000
       大阪ペピイ動物看護専門学校卒業生 ¥4,000
定員 (1)(2)⇒ 24名(顕微鏡実習のため少人数限定)
(3)  ⇒ 60名
対象 動物病院に勤務している動物看護師、および勤務経験のある動物看護師の方
申込

以下の大阪ペピイ動物看護専門学校のホームページより、お申込ください。お申込み後、3 営業日以内に受講料のお振込口座、
当日案内等をメール又にてご返信いたします。
3 営業日が過ぎても弊社からの返信がない場合は、
恐れ入りますがご連絡をお願いいたします。
⇒大阪ペピイ動物看護専門学校

【キャンセルの場合】
キャンセルの場合は必ずお電話で弊社(TEL 06-6971-1171)までご連絡くださいますようお願いいたします。
メール、FAXによるキャンセルはお受けできかねます。
お申込いただいてから、セミナー開催4日前までのキャンセルは
受講料の10%を差引きご返金いたします。
セミナー開催日から3日前までのキャンセルについては
ご返金いたしかねますのでご了承ください。

中塚圭子 先生

ペピイセミナー講師紹介・中塚圭子
  • JAHA家庭犬しつけインストラクター
  • JKC公認訓練士

現在、大阪ペピイ動物看護専門学校講師を務めるほか、神戸市にて犬のマナー教室「ドルチェカーネ中塚」を主宰。これまで指導してきた犬は約4500頭。
2006年より「老犬教室」をスタート。2009年9月「ペットの高齢化について考える」シンポジウム(主催:環境省ほか)にて講演。

[出版物]
  • ニコニコしつけ読本
  • ワンちゃんと遊ぼう
  • ワンちゃんのしつけのコツ60
  • 犬の老いじたく
  • かわいい子犬の育て方

山下國廣 先生

  • 獣医師
  • しつけインストラクター

日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒。獣医師。犬の問題行動治療やしつけ・トレーニング指導を行う「軽井沢ドッグビヘイビア」主宰。
幼少時より一貫して日本犬と暮らす。一時期流行した支配‐従属理論(犬と飼い主の関係をすべて順位付けに還元する説)に当初より疑問を持ち、行動分析学の文献を独習。「自分が犬の立場なら」という素朴な発想と学習理論の裏づけでしつけ・訓練に取り組む。
勤務獣医師として臨床にたずさわる傍ら、ボランティアでしつけ指導・問題行動修正を行ってきたが、2005年に独立開業。不適切なトレーニングで性格を荒らされてしまった日本犬の相談が多い。
相棒のすぐり(甲斐犬)を日本犬初の災害救助犬に育て上げ、多くの現場に出動(現在は引退)。最近では獣害対策犬や外来動物探索犬の育成指導も行う。

牧田明美 先生

  • ■ ペットウェルネス・明賢corp 主宰
  • PetMassage Training & Research Institute 認定(アメリカ)ペットマッサージインストラクター
  • 一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントシニアファシリテーター/アンガーマネジメントコーチ
  • 社団法人 行動科学マネジメント研究所認定行動科学マネジメントホルダー
  • 一般社団法人教育コミュニケーション協会 説明力メディエーター1級
  • 大阪ペピイ動物看護専門学校講師

カナダ・アメリカにてドッグトレーニング・ペットマッサージを学ぶ。1998年から飼い主向けのプライベートレッスンやグループレッスンを行い、ペット関連業者向けのセミナーを開催。8年間の動物病院マネージャー経験を経て、2010年、大阪ペピイ動物看護専門学校講師に就任。「ペットマッサージ」「院内コミュニケーション指導セミナー」を担当する。

星野惠子 先生

  • 株式会社マンズ・リソース 代表取締役
  • 元日本航空国際線客室乗務員・元JALアカデミー接遇インストラクター
  • 日本ベビーコーチング協会理事・KMC認定心理カウンセラー

これまで病院・医療専門学校・福祉施設・動物病院を含め、600団体以上において接遇研修・心理セミナーを担当。

日下美保 先生

  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本交流分析協会交流分析士インストラクター・日本カウンセリング学会会員

1987年より接遇インストラクターとして大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリングなどに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

野口好美 先生

  • 株式会社マンズ・リソース 接遇講師
  • 元日本航空客室乗務員として勤務
  • JALコーディネーションサービス(株)・JALアカデミー(株)・キャプラン(株)・Jプレゼンスアカデミーにて、接遇インストラクターとして勤務
  • 日本メイクアッププロフェッショナル協会認定プロフェッショナルコース修了・日本きものコンサルタント協会着付け講師・華道師範・筝曲師範

接遇インストラクターとして22年間、大手企業・各種団体・教育機関・病院・介護施設・公共機関などの研修・講演・モニタリング・ビジネスメイクアップ指導などに従事する。管理職・中堅・新人研修などを担当。

福山貴昭 先生

  • ヤマザキ学園大学助教
  • ヤマザキ動物看護短期大学 卒業
  • 聖徳大学人文学部 卒業
  • サンフランシスコ動物愛護協会
    ヒヤリングドッグトレーナープログラム修了

幼少の頃からイヌと共に育った、イヌのハンドリング、トレーニング、グルーミングの スペシャリスト。動物看護師資格を持つ。現在は、“イヌにも学生にも人気”の教員として 教育現場で幅広く活躍している。

渡辺ひろこ 先生

  • Grace K9 fellowship labo(グレース ケーナイン フェローシップ ラボ)主宰
  • 甲南女子大学卒
  • JAHA(日本動物病院福祉協会)認定ドッグトレーニングインストラクター
  • 神戸市動物愛護推進委員

問題行動カウンセリングのほか、動物病院でのパピークラス、子犬〜上級までのクラスレッスンを開催。集合住宅での犬の飼い方講演・各地しつけ教室イベントの講師・動物管理センター譲渡子犬の預かりトレーニングなど活動の他、インストラクターの育成セミナー等プロデュースを手がける。

山本央子 先生

  • 家庭犬育成インストラクター/帝京科学大学・ヤマザキ学園大学・ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師

1989年渡米、アメリカ動物虐待防止協会にてしつけ、問題行動、セラピー犬の育成指導に従事、デルタ協会ペットパートナーズ・プログラムニューヨーク地区顧問、2001年帰国以来、問題行動のカウンセリング、執筆、講演活動、大学や専門学校での講師を通して「嫌悪刺激や強制法」を排除した安全な家庭犬育成指導の普及啓発に従事。近年は動物看護、美容、ドッグトレーナーからの指導依頼により実施研修での指導も行う。

入交眞巳 先生

日本獣医畜産大学を卒業後、米国インディアナ州立パデュー大学で博士号取得、ジョージア大学付属獣医教育病院獣医行動科レジデント課程を修了。現在アメリカ獣医行動学専門医(Dipl. ACVB)の資格を有する。北里大学獣医学部動物資源科学科講師を経て、現在は日本獣医生命科学大学獣医学科で講師を務める傍ら、同動物医療センターの行動診療科で診察をしている。

福田真平 先生

  • 獣医師
  • 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
  • 米国テネシー大学認定 D.V.M., C.C.R.P.
  • 埼玉動物医療センター 整形外科担当
  • 日本動物高度医療センター 整形外科担当

藤澤由紀子 先生

  • 理学療法士
  • 日本獣医畜産大学獣医畜産学部畜産学科卒業
  • 日本リハビリテーション専門学校卒業
  • 米国テネシー大学認定 P.T., C.C.R.P.
  • 埼玉動物医療センター リハビリテーション科担当

        

阿部美奈子 先生

  • 獣医師
  • 動物医療グリーフケアアドバイザー

1988年麻布大学大学院修士課程修了。
麻布大学付属病院研修医、動物病院勤務等を経て、2006年動物病院、専門学校にてグリーフケアセミナー開始。
2008年より動物病院に来院の多くの飼い主様が持つ、不安・苦悩・悲しみ・いらだち・不満・困惑など、様々な「悲嘆(グリーフ)」の感情に耳を傾けながらあらゆる気持ちを受け止め、大切なペットにとって、また飼い主様にとって最善の方法を一緒に考えるアドバイザーという仕事を手がける。
現在はマレーシアに家族とともに滞在。毎月、日本との往復生活を続けている。

 
 

服部 幸先生

  • 東京猫医療センター院長
  • 北里大学獣医学部卒業
  • 2005年よりSyuSyu CAT Clinic 院長を務める
  • 2012年 東京猫医療センターを開院する
  • 013年 国際猫医学会から日本で初めてキャットフレンドリークリニックのゴールドレベルに認定
  • 2014年 ねこ医学会(JSFM)理事
  • 10年間、猫の専門医療に携わる。
 
 

若山 正之先生

ペピイセミナー講師紹介・若山動物病院 院長
  • 若山動物病院 院長

獣医師生活40年。
老齢になっても自分で食べ・歩き・排便排尿が出来、介護をしなくても良いような生涯を過ごさせたい、そのような思いで毎日の診療を行っています。著書には「老犬生活」「老齢介護エキスパートブック」などがあります。

 
  

志村知彦 先生

  • 診療放射線技師
  • 認定動物看護師

国際動物専門学校動物看護学科卒業。
動物看護師統一認定機構 認定動物看護師。
城西放射線技術専門学校卒業。
動物病院で動物看護師として勤務しながら、夜間学校へ通い診療放射線技師免許を取得。
現在、今後の動物医療のため人医療の救急指定病院に勤務し、画像検査の技術向上に努めている。
2014年、2015年臨床獣医学フォーラム(JBVP)年次大会にて「良いX線写真の撮影方法」を講演。

  

伊藤大輔 先生

  • 獣医師
  • ペット食育協会 上級指導士

北里大学獣医畜産学部卒。
東京都内の動物病院に勤務後、独立。
現在は犬と猫の心臓病を専門として複数の動物病院での診療を行う。
飼い主向けの講演活動も行っており、数年にわたりペットの食育セミナーを開催している。

過去のイベント・セミナー